病理検査、細胞診検査って何?

ここで病理検査は"生検"といって、注射針とか内視鏡鉗子で微量組織を採取して顕微鏡レベルで組織の状態を観察するのです。病態と標的部位にもよりますが、針の届く範囲であれば穿刺可能で、主に肝臓、腎臓、心臓、肺、体腔等で行われます。内視鏡を用いて、何か異常(腫瘤とか)があれば鉗子で組織を採取するのは一般に「胃カメラ」「大腸ファイバー」と呼ばれ、馴染み深いと思います。こういったことを検査するのが病理検査のひとつです。
 ここで、検査の結果"悪性"でなければ、つまり"がん細胞"が検出されなければ病状に応じた薬物治療が行われたり、経過観察になったりします。 もちろん検診に限らず、外来受診でも同じようなことが行われます。
 さて、生検で"悪性"だったら、つまり"癌細胞"が検出されたらどうなりますか?治療には大まかに言って二つの方法があります。外科的治療(手術)と内科的治療(抗がん剤、放射線治療等)です。医師がすすめる場合もあるし、患者が希望する場合もありますが、多くの場合その両方がなんらかの形で施行されます。内科的治療はこの後説明する細胞診検査も関係しますが、外科的治療を行った場合、病理検査が再度登場します。
 手術で摘出された腫瘍や腫瘍を含む臓器は病理検査室に提出されます。そこでいくつかの(後で説明しますが)処理を経て顕微鏡でみれる状態になります。これは"病理標本"とか"組織標本"といわれています。
 先ほどの生検材料や手術材料を提出された状態から、顕微鏡でみれる標本の状態にするのが病理検査室で働く臨床検査技師の仕事ですが、病理検査はここでは終わりません。話をもとに戻しますが、作製された組織標本を病理医が診断します。組織診といわれています。臨床医が診断する臨床診断に対して組織診断は文字通り最終診断です。顕微鏡レベルで癌細胞の分布の状態や型の分類、摘出境界(断端といいます)の悪性細胞の有無、郭清リンパ節の悪性細胞の有無(がんは血管やリンパ管にこぼれて全身に転移するので、周囲のリンパ節を調べてその進展を調べるのです)等を調べます。これらのことが書面(例:組織診報告書)にて報告されます。ある場合はがんの進展が問題になったり、治療のために正確な組織型の分類が重要だったりとか、その両方であったりとかします。
 ここまでがんの場合を取り上げましたが、もちろんがんの摘出以外にも手術はたくさん行われます。みなさんに馴染み深いところでは(一般的に)虫垂炎、子宮筋腫、胆嚢結石、痔等いろいろあります。またほっておくとがんになるかもしれない大腸ポリープも、ポリペクトミーという内視鏡的手術のひとつですが、これらもすべて先ほどと同じように病理検査が行われ、病理診断が行われています。

 では提出された臓器が病理標本になる過程を説明します。

薄切
 ミクロトームという装置を使い、パラフィンで固められた組織を3〜5μmの厚さに切ってスライドガラスに貼り付けます。(パラフィンが付いているので温めると貼り付きます)

封入
 
貼り付けられて染色された組織標本をまもるために(保存性も考えて)カバーガラスで覆い、封入剤(接着剤のようなもの)で密封します。
   
検鏡
 
顕微鏡で組織をみて組織診断が行われます。
 

 細胞診検査はどうでしょう?細胞診検査は細胞を診るので体の外に出てくる細胞を検査して、その細胞のあった所の病変を推察することができます。喀痰に出てくる肺の細胞、尿に出てくる膀胱の細胞などがそうです。また、能動的にこちらから標的部位に細胞を採取しにいくこともあります。婦人科や子宮がん検診もそのひとつで、子宮内の細胞を調べます。外科や乳がん検診で提出される乳腺の細胞。甲状腺やリンパ節の細胞は穿刺針を用いて細胞を吸引します。一般的ではありませんが癌細胞の体腔への浸潤を調べたり、髄膜炎疑いの脳脊髄液、ある種の感染症を指摘できる場合もあります。ここでは細胞診の勉強をした臨床検査技師が活躍しています。
 組織検査と同じく色をつけて(染色)細胞を観察しますが、基本はパパニコロウ染色です。
 
細胞診は組織検査のように多くの処理を経ずに標本を作製することができます。

染色
 基本はパパニコロウ染色です。

封入
 塗布されて染色された細胞診標本をまもるために(保存性も考えて)カバーガラスで覆い、封入剤(接着剤のようなもの)で密封します。

       

検鏡
 顕微鏡で細胞をみて細胞判定が行われます。

 病理検査、細胞診検査とは・・・・・両検査に言えますが、悪性細胞の有無を調べることが多いですが、例にもあったように炎症や感染症、ホルモンの状態、場合によっては寄生虫症まで判定できることもあります。つまり、広い意味では顕微鏡を使って、組織構造をみたり細胞をみたり、また他の物の変化を確認したり推察したりする検査のことになるでしょう。