「子宮の日」 LOVE49予防・啓発キャンペーン in KOBE 

“街頭パンフレット配布” および “クラシックコンサート&トークショー” 開催される

47日−8

 「子宮の日」LOVE49キャンペーン兵庫県実行委員会(兵臨技、日本臨床細胞学会兵庫県支部、
兵庫県細胞検査士会、NPO法人子宮頸がんを考える市民の会、Bloom Quaret & Ensemble、
神戸市)の主催、厚生労働省後援のもと、標記キャンペーンを行いました。

 4月7日三宮センター街に於いて、女性弦楽アンサンブル「Bloom Quaret & Ensemble KANSAI」
リーダーの武田さん(LOVE49呼びかけ賛同人)による生演奏とともに、タレントの原千晶さんと
通行人にパンフレットなどを配りました。春とはいえ、手がかじかむほど冷たい風の吹くなか、原
さんとスタッフ一同は道行く人に声をかけながらパンフレットを手渡し、武田さんも一生懸命演奏
されていました。
 翌8日は行楽日和となり、桜満開の神戸市立王子動物園に家族連れやカップルなど多数入園
されるなか、動物園ホールに於いて、原さんによるトークショーをはさんで20分程度のクラシック
ミニコンサートが行われました。原さんは、子宮頸がんなどで子宮の全摘出手術を受けた自らの
体験から、一人でも多くの女性にがんのことや検診の大切さを知ってもらいたいと切実に話され
ました。また女性弦楽アンサンブルの皆さんも音楽を通して“LOVE49”予防を呼びかけられてい
ました。延べ600名近い方にご参加をいただき、無事終了致しました。


            ※ 女性弦楽アンサンブル「Bloom Quaret & Ensemble KANSAI」
                                               http://www.bloomquartet.com/love49.html