第1回東播地区ナイトセミナー 報告


第1回東播地区ナイトセミナーに参加して(96日)

                             青柳統大(明石病院) 

 平成25年9月6日に、「平成25年度 第1回東播地区ナイトセミナー」が、
県立加古川医療センターで行われました。演題は「初めての自動血球計
算機」ということで、私には旬な演題でした。「血球計算機から得られる情
報」の内容では、血液検査に関する基本的なことから、ヒストグラムや特
異検体などの説明もあり、直ぐに普段のルーチンワークに役立つ情報を
得ることができました。当院では、最近まで臨床検査技師がおらず、看護
師の方々が忙しい合間を縫って検査をしていた状況で、今でも時間外や
休日は看護師が対応しています。そんなスタッフの方々にも、しっかりと
伝えられるように、今回得た情報を習熟し、より良い医療のために貢献し
ていきたいと思います。最後になりましたが、このような有意義な研修を
開いて頂き、有難うございました。

                             赤松美保(高砂市民病院) 

 今年から血液検査をしているのですが、自動血球計数機については
ルーチンで使用しているにも関わらずよく知らなかったので、基礎から
知るよい機会だと思い参加させていただきました。講義の中で、ヒスト
グラムやスキャッタグラムから偽高値や偽低値の原因を探り、正しい値
を選択することができるということを知りました。また、自院で起こった事
象についての対処法も教えていただき、今までなかった発想だったので、
とても参考になりました。

 今回の講義を受けて、私は今まで自動血球計数機の機能を十分に活用
しきれていなかったと感じました。本講義で学んだことを普段のルーチンで
実践していき、自動血球計数機を最大限に活用して、より正確なデータを
返せるようにしていきたいと思います。