「検体採取等に関する厚生労働省指定講習会」に関する
  キャッチフレーズならびにバッジデザインの公募について


                                            平成26 年11 月 11 日

都道府県臨床(衛生)検査技師会
会長各位
                           一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会
                                    会長 宮島 喜文


 謹啓 平素は、本会の事業活動にご支援、ご協力を賜り厚くお礼申しあげます。
  今般、「臨床検査技師法等に関する法律の一部改正」が成立し、臨床検査技師に診療の
補助として、インフルエンザ等の検体採取が業務追加され、平成27 年4 月1 日から施行され
ます。
  インフルエンザ等の検体採取を行う場合には、厚生労働省告示において、本会が実施す
る指定講習会の受講が義務化されています。
  指定講習会開催にあたり多くの臨床検査技師の方々に受講を促すとともに、国民に臨床
検査技師が検体採取に携わるようになることを認知していただく多めに各種広報活動を進め
てまいりますが、その際に活用するキャッチフレーズを公募いたします。
  また、講習会の修了者に、修了証の他に携帯用のバッジ(検体採取等に関する厚生労働省
指定講習会 修了者)を配布することとしており、この「バッジ」のデザインも会員の皆様より公募
いたします。「バッジ」の大きさは、径1.5〜2cm程度を想定しており、検体採取にふさわしいデザ
インを公募します。キャッチフレーズ、バッジデザイン共に未発表、類似なものがないこと等をご
確認いただき、それぞれの応募用紙を使用し、12 月24 日必着で日臨技宛てに送付ください。
  一人でも多くの会員の方にご応募くださるよう、皆さまへのご周知をお願いいたします。
  なお、採用されましたキャッチフレーズ、バッジデザインに係る全ての権利は、本会に帰属
することを申し添えます。

                                                謹白
 


広報用キャッチフレーズの公募 詳細はこちらへ

・バッジデザインの公募 詳細はこちらへ

・バッジデザインの応募用紙 詳細はこちらへ