岩手県立高田病院からの 御礼状
  


兵庫県臨床衛生技師会 富永博夫 会長様 会員一同 様

 
拝啓

時下、皆様にはますますご清祥の事とお喜び申し上げます。

先頃の人的派遣につきましてはお忙しい中、427日(水)から625日(土)まで
ご支援を頂き、誠にありがとうございました。
会長始め、延べ16名の方々を米崎
コミセンと高田一中に派遣して頂き、感謝の気持ちで一杯です。また、この支援が
後の検査技師支援の先駆けとなるよう願っているところでもあります。

ご支援頂いた2ヶ月の間も陸前高田市では瓦礫撤去、仮設住宅建設、商業再会
など復興再生へと進んでおります。そして624日には高田一中内救護所が新た
な検査ブースを備えた仮設救護所に移設致しました。また、高田病院は720
に仮設診療所を開院する予定です。


被災地における医療の重要性、検査業務の重要性を共に体験することが出来、
そして多くの方々に支えられ、震災後3ヶ月を乗り越える事が出来ました。

これからも新たな高田病院再生に向け、検査科職員一丸となり取り組む所存です。
今後もご尽力を賜ることもあるかと思いますが、その折は宜しくお願い申し上げます。

末筆ながら皆様方のご健勝をお祈り申し上げます。

敬具

                                        平成23627日                          

                              岩手県立高田病院 臨床検査科

                                            倉田一男