子宮頸がん検診促進キャンペーン 報告


      『子宮の日』LOVE49キャンペーンin KOBE

ポスター展示・街頭リーフレット配布 および クラシックミニコンサート&トークショー

日 時: 平成25年4月7日(日) 13:00〜16:00 (雨天決行)

場 所: 西神プレンティ アトリウムコート内特設ステージ 
                     
内 容: 
   ・クラシックミニコンサート  

          女性弦楽アンサンブル「Bloom Quartet & Ensemble KANSAI」

   ・トークショー 
          原   千晶 さん(女優・子宮がん経験者の「四葉の会」主宰) 
          川口 恵子 先生(川口レディースクリニック院長)
          浜平 恭子 さん(Kiss-FM パーソナリティー)    

    ・パネル展示と啓発リーフレット配布    

4月9日は「子宮頸がんを予防する日:子宮の日」として記念日登録されており、この日を
中心に日本全国で一斉に子宮頸がん検診促進活動である「LOVE49キャンペーン」が毎年
行われています。兵庫県では『子宮の日』LOVE49キャンペーン兵庫県実行委員会(NPO
法人子宮頸がんを考える市民の会・Bloom Quartet & Ensemble・神戸市・兵庫県臨床細胞
学会・兵庫県細胞検査士会・(公社)兵庫県臨床検査技師会(兵臨技))主催のもと、標記の
キャンペーンを行いました。

 4月7日、西神中央プレンティにて、あいにく春の嵐で強風が吹き、時折小雨交じりの大変
寒いなか、スタッフ一同で啓発リーフレットなどを配りました。来ていただいた方に子宮頸がん
についての正しい知識の普及と検診のイメージアップとなるように、兵臨技によるポスターも
展示しました。

 また、女性弦楽アンサンブルBloom Quartet & Ensemble KANSAIによるクラシックミニコン
サートや女優の原千晶さん、川口レディースクリニック院長川口恵子先生、Kiss FMパーソ
ナリティ浜平恭子さんによるトークショーも行いました。原さんはご自身の子宮頸がんの体験
から、できるだけたくさんの方に子宮頸がん検診の大切さを知ってもらいたいと切実に話され
ていました。また、川口先生には医師の立場から、検診の方法や費用についてなど子宮頸
がんの知識や検診に関する情報を教えて頂きました。男女問わず、たくさんの方に来ていた
だき、参加者はうなずきながら熱心に聞き入っていました。

 女性弦楽アンサンブルの皆さんには春らしいさわやかな曲を演奏して頂き、会場では立って
聴いておられた方、買い物途中に足を止めて聴いてくださった方も多くいらっしゃいました。
延べ来場者(着席者のみ)100名近くの方々にご参加いただき、子宮頸がんや検診について
啓発活動ができ、“大切な人に、大切なこと”を伝えられたと思います。

                                (広報部:清川菜々恵、小林沙織)