【臨床検査とは】
 臨床検査は、病院や診療所、医院などで症状や病状によって、血液や尿、体液などを採取することから始まります。臨床検査は「検体検査」と「生理機能検査」の2つに大きく分けることができます。「検体検査」は、患者から採取した血液や尿、便、細胞などの成分やその量、種類などを調べる臨床検査。「生理機能検査」は、患者に直接医療機器をあてて調べる心電図や超音波検査などがあります。検体検査をするために患者から検体を採取することは、医療機関や健診会場などの指定された場所でしか行なえません。採取された検体は病院等で即時検査を行いますが、検査設備の無い施設の検体や特殊な検査については、適切な保存・運搬条件(温度や時間)によって医療機関外の管理された施設(検査センターなど)に運ばれ検査されます。


【臨床検査で判ること】
 病気によって表れる身体症状は多彩です。発熱や痛み、腫れ物、出血など症状が類似していても異なる病気があります。医師は問診、触診、聴診による情報と経験から病気を推察し、必要に応じて臨床検査をします。検査は、@症状の原因、A診断の確認、B病気の進行状況の把握、C投薬や点滴等による効果、D薬剤による副作用の有無など様々な目的で行われます。
 身体の状態を知るために採取された血液などに含まれる成分は数量化され、細胞などは種類別に分類されます。検査で得られた数値の高低や、細胞の検出率の程度によって病気やその病状の程度が判断され、また病気の経過を見る目安ともなります。医師は、患者の状態と検査データが異常を示す項目と程度などによって病状を判断し、治療方針を決定します。
 検査データが正確に提供されていることが、診療の大前提であり、それは、管理された病院内検査室や外部検査所で、臨床検査技師・衛生検査技師によって正確に分析・検査されています。


【基準値と自己基準値】
 検査目的で採取された血液等の結果は、誰もが関心があり、その臨床検査結果に一喜一憂するものであります。従来は「正常値」という基準を設けて、正常・異常を区別していましたが、近年正常の範囲を示す“尺度”として「基準値」を各検査項目に設けることにしました。基準値の範囲は、年齢、性別、人種、食生活、環境、生活習慣など様々な要因によって異なっています。基準値の設定には、様々な分析・解析方法によって異なりますが、現在採用されている基準値は、検査方法によって若干異なる場合がありますが、ほぼ一定の基準値として各医療施設関連団体で採用・活用されています。
 また、健康時に人間ドックや健診等で受けられた臨床検査データを「自己の基準値:マイスタンダードバリュー」として、その検査項目の平均値と変動幅を記録することも健康管理上で有用と思われます。
 ただ、病気は、症状や問診などと合わせ、他の検査との組み合わせによって総合的に判断されるものであって、基準値から外れているから即異常(病気)とは限りません。


【検査をする人は】
 臨床検査は、先に述べたように検体検査では「尿及び便検査、血液学検査、生化学検査、免疫血清学検査、血液型輸血検査、病理学検査、細菌学検査、遺伝子染色体検査」と生理機能検査では「循環器検査、呼吸器検査、超音波検査、聴力検査、」などの部門に細分化されています。その部門で検査を行うのは、臨床検査技師・衛生検査技師という法律に定められた国家資格を有する者です。
 身体情報を的確に提供するには、基準化された試薬や分析機器を使用し、施設内で精度良く正確に測る必要があります。情報を正確に測定するための検査技術も高度化しており、知識と技術能力を伸ばすための環境づくりと維持するための人材が必要であります。
 これほど医療に深い影響を与える検体検査ですが、業務制限や検査技師による独占業務ではありません。名称独占業務です。すなわち臨床検査技師の名称を用いて検体検査が出来るということです。
 輸血・細菌・細胞に関する検査業務などの専門的な業務は、国民の視点から見ると、生命に直接影響する検査や守秘義務を厳守すべき検査を、法律上は守秘義務のない無資格者が行ってもよいことに大きな不安があります。したがって、国民の負託に応えるために検査技術等の専門性を高め、国民の医療の安全と実施者の責任を全うするために、医学的専門教育を受け国家資格を有した臨床検査技師・衛生検査技師が業務制限して行うことが望まれます。
 生理機能検査16項目と採血は、臨床検査技師の業務制限項目として掲げられています。
 これから生じる業務の多様化や医師業務の軽減化に対応するために、生理機能検査業務を分野別掲載として柔軟に厚生労働省令に掲げることが望ましい事と考えます。
 また、平成17年に「臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律」の一部が改正され、“付帯決議”に
  ●検査技術・検査機器の高度化、複雑化に十分対応できるよう臨床検査技師の資質の向上に努めること。
  ●人体から排出され、又は採取された検体に係る関係法規第二条に規定する検査のうち、高度な医学的知識及び
    技術を必要とするものについては、検査の適性を確保するため、臨床検査技師等の専門的知識や技能を有する
    者が行なうことが望ましいことから、周知に努めること。

  ●臨床検査技師が行なうことのできる生理学的検査の範囲については、医療提供体制の変化や医療技術の進歩に
    応じた見直しを図っていくこと。が記載されています。

 これらの付帯すべき事項に沿った内容が、臨床検査技師の養成指定校での専門教育としておこなわれ、検査技師会や専門学会等での卒業後教育(生涯教育)へと一貫性をもって行われることが望まれます。


【検査情報の提供】
 臨床検査技師は、一般的な検査項目説明や検査前説明など臨床検査に係る事項について、積極的に患者に説明するようにしたいと思います。医師や看護婦業務が多忙化している中で、検査の専門性を生かした検査説明(相談)などを、医師等の指示の下で看護職員及び臨床検査技師との適切な業務分担を導入することで、医師等の負担を軽減することが可能となります。
 検査技師会として、統一化した検査情報を提供する体制を整える必要があると思います。


【正しい臨床検査データを提供するために】
 臨床検査を行なう病院や検査施設においては、臨床検査データが正しい検査結果を提供するために、日頃の検査機器の保守管理や検査をする技師の技術力や知識が一定のレベルに保たれるように常日頃から努力しています。管理の一例として、検体検査では、患者から血液などを採取するときは、臨床検査の目的にあった採取法や保存法などを厳しい管理条件で行っています。測定時においては、基準化(標準化)された臨床検査試薬を使用し、規格された測定機器を使っています。
 採取された検体が、精度よく・正しく測定されていることの根拠が精度管理です。日々施設内で行われているデータ管理を「施設内部精度管理」といいます。「施設内部精度管理」は、基準化された物質を患者測定系の中に一定の間隔で測定し、その値が基準範囲内にあるかどうか評価して、正常に測定されていることを確認した上で臨床検査データとして報告します。
 また、医療機関や医師会検査センター、検査所などの施設が、各々の基準で精度管理をし、統一化されていない条件化で測定を行うと、各検査施設の臨床検査データがばらばらとなり、医師や患者にとって不利益を被ることとなります。そこで(社)日本医師会や(社)日本臨床衛生検査技師会、都道府県技師会、(社)日本衛生検査所協会などが、全国の多くの医療機関や検査関連団体の検査施設を対象に共通する物質を一定の条件下で、その施設の日常測定系内で検査した結果を調査・分析・評価する「施設外部精度管理」があります。
 各検査施設で使用している臨床検査試薬や測定機器、測定環境・条件などは個々によって異なりますが、条件が異なっても得られる臨床検査データのばらつきを少なくする目的で行われます。
 全国約3500施設が参加している(社)日本臨床衛生検査技師会や(社)日本医師会など各関連団体が一定の臨床検査水準を設けて、医療機関、検査所等に働きかけ「臨床検査の標準化(統一化)」を目指した取組みを行っています。そのことは、患者・受診者の共通の利益につながり、臨床検査データが信頼できるものとして医療に貢献している証ともなります。
 一方、生理機能検査では、標準化された技能を身に付ける事、症例検討などに参加して臨床検査技師の判読能力を向上させることが医療現場に貢献できる方法と思います。
 認定検査技師制度は、標準化された技能や要求される知識を身に付けた技師を認定し、技能を担保する制度です。