財団法人兵庫県予防医学協会

財団法
人兵庫県予防医学協会は昭和464月に設立され、創立35年を迎えました。現在では事業も拡大され、健康診断業務・検査業務等に多数の臨床検査技師が従事しています。その中でも当協会の中心的事業の健診業務を担当しています健診センター臨床検査部をご紹介させていただきます。健康診断には、法令等に基づいた産業保健、地域保健及び学校保健分野の健()診、さらには人間ドックや脳ドック等、自ら健康チェックのために受診する健診があります。それら様々な健診に臨床検査部のスタッフが対応しています。

スタッフ数は現在、職員17名、臨時職員17名、登録職員23名の計57名で構成され、一般的な健診では尿検査、心電図検査、聴力検査を、人間ドック等では専属の技師が腹部超音波検査、乳腺超音波検査、肺機能検査、眼底検査等も担当しています。

健診業務は、限られた時間に多くの受診者に対応しなければならない場合や早朝や休日の勤務も多く、スタッフ一同日々忙しくしておりますが、学会や兵臨技の研修会等にも積極的に参加し、新しい知識や技術を習得して日常業務に役立てるよう努めています。