特定医療法人社団五仁会 住吉川病院臨床検査部

 特定医療法人社団五仁会住吉川病院は腎臓疾患を総合的に診療することを究極の目的として昭和54年に設立されました。治療の主体は透析療法で透析ベッド78床、病棟41床を有し、約240名の血液透析患者が毎週23回通院してこられます。もちろん血液透析だけでなく、内科・外科も標榜し、それらの診療も行っています。


                                                                                                                                          当院西側を流れる清流「住吉川

 血液透析患者は、食事・体調・投薬等の自己管理を行うことがかなり重要となってきますが、そんな患者様の一助となるべく、臨床検査部職員5名で日夜励んでいます。
  検体検査においては、透析患者には当日の透析が終わるまで(夜に透析される方は翌日)に結果報告を行い、その他の検査項目も至急依頼があれば即対応する体制をとっています。外来患者にも至急依頼には即対応し、少しでも患者様の待ち時間を短縮できるよう心がけ、迅速に結果報告を行い、診察に役立てています。
  また一般検査では、尿検査、便潜血検査を始め、腹膜透析における排液中の細胞数検査、透析患者(主に糖尿病性腎症の患者)のフットケアのチェックのための白癬菌検査等、透析療法ならではの検査も行っています。輸血検査では、製剤管理の一元化を検査部で行い、廃棄製剤の減少に一役買っています。
  生理検査としては、心電図検査、超音波検査、肺機能検査等を透析患者に定期的に行うことにより、透析合併症を少しでも早期に発見し早期に治療が行えるよう努めています。他にも病棟早朝採血や透析患者の定期検査の採血管準備など、他部署の支援を積極的に行い、喜ばれています。

   
      震災10周年記念ポスターのモデルにもなりました                                   検査部南側窓より灘高の正門が見える

 これらの検査を5名で兼務しながら全てを網羅しており、毎日忙しくあっという間に時間が過ぎていく状況ですが、そんな中でも時間を見つけては研修会や学会等に参加し、個々の知識や能力を高めることにより臨床検査部としての能力も高め、それを臨床に活かして、最終的には患者様の役に立てるように、日々努力をしています。
                                                                                                     
                                                                                                                                                      記 臨床検査部  新井 敦子