会員Q&A

【問1

本来、超音波検査で所見は技師が記入し、最終診断名は医師が行っていましたが、新しく赴任した医師から、最終診断も技師のサインを書いてくれと言われたが、法的には問題がないのか?超音波検査レポートの所見で医師が最終診断サインが必要と書いた法規があれば、教えていただくか資料の添付がほしい。

 

【回答】

臨床検査技師の業務は、

・臨床検査技師等に関する法律第2条に医師又は歯科医師の指示の下、微生物学的検査等の6項目と厚労省令で定める生理学的検査18項目(平成27年4月以降)

・臨床検査技師等に関する法律第20条の2に・・診療の補助として採血及び検体採取(医師又は歯科医師の具体的な指示を受けて行うものに限る)となっています。(平成17年4月以降)

 

 以上、検体採取から検査までが法律に明記されています。

 

 この他に、日臨技が平成26年度から「検査説明・相談のできる技師育成事業」を行っていますが、これは患者に検査の説明(何のための検査で、何を採取します等)⇒血液等の検体採取⇒検査の実施⇒検査結果の説明(当病院での血糖値の標準値はこれぐらいですので、少し高いですね。診断については主治医からお聞きください)と言うような流れかと思います。

 

  以上のことから、検査結果に基づく、診断は医行為となりますので、医師法第17条違反となります。

 病院よっては、責任の所在を明確にして、院内のプロトコールに基づき臨床検査技師がグレーゾーンの業務実施していることもあるかと思いますが、「診断行為」はグレーゾーンとは言えないかと思いますので、宜しくお願い致します。  

(日臨技回答)

 

【問2

平成26年度の検体採取に関する厚生労働大臣指定講習会を定員が一杯で受講出来なかった。従来より、インフルエンザ等の検体採取は検査科が行っており、平成27年4月1日から技師が検体採取を実施すると違法になるのか?

いくらか猶予期間的なものはあるのか?

 

【回答】

今回、臨床衛生検査技師の検体採取の業務追加については、医療介護総合確保推進法(略名)附則第32条第1項に基づき、臨床検査技師が検体採取を行おうとする時は、厚生労働大臣が指定する研修を受けなければならないとされています。(厚労省告示で臨床衛生検査技師会が実施する講習会を指定された。)

罰則規定は明記されていませんが、講習を受けずに検体採取を行った場合は、講習受講義務違反になるかと思います。この講習受講義務違反は、講習を受講するように促しても受講せず検体採取を実施している場合が想定されるのではないかと思います。厚労省は、臨床検査技師の業務として以前から検体採取を実施していることは法律上想定していないと思いますが、直ぐに、検体採取業務が臨床検査技師に出来ないとなりますと、院内業務がスムースに廻らないと思いますので、受けたくても受講出来ない場合は、出来るだけ早く受講して下さいと、言うことになるかと思います。(厚労省は検体採取を一時中止して下さいと言うかと思います。)

何れに致しましても、4月1日から法律が施行されますので、講習会の受講体制につきましては図りたいと思いますし、また、平成27年度の講習会の予定につきましては会場、講師、実務責任者の体制が整った会場から順次公開していますので、御面倒でも当会のホームページの注視方宜しくお願い致します。

あくまでも基本は、太字下線の部分ですので宜しくお願い致します。 

(日臨技回答)

 

ページの先頭へ戻る