第3回 理事会議事録


開催日:平成22年5月29日(土)
時 間:14:00〜18:00
場 所:兵臨技 研修センター

出席者:富永、中山、東塚、中町、金、浜上、粕谷、鳥居、松田、真田、綿貫、山本、
        駒井、平手、河谷、折田、米津、井垣

欠席者:竹川、国分寺、藤井、桑島、谷口

・ 現在の理事数 23名
・ 理事18名の出席により会議は有効裡に開催された。
・ 議事録署名人の選出:中町、浜上 両理事を選出した。


議題
  ・ 会長提案
  ・ 日臨技・近臨技報告
  ・ 各部局報告
  ・ 審議事項

報告と審議内容
  1.会長提案
    1)「公益社団法人の取得を目指して」
         兵庫県臨床検査技師会は公益社団法人取得の方向に進む。
    2)「兵庫県会員」の創設に向けた取り組み
         保証制度も取り入れ今年度中の設立を目指す。

  2.日臨技・近臨技報告
    1)日臨技報告
        @平成22年度第1回定期総会(5月21日神戸にて開催)総括報告
          来賓挨拶
            日本衛生検査所協会会長   伊達 忠一氏(代理 赤石 清美氏)
            日本臨床検査医学会理事長 宮澤 幸久氏(代理 高橋 伯夫氏)
            日本臨床検査同学院理事長 水口 國男氏(代理 伊藤 機一氏)
            日本臨床検査薬協会  (都合により欠席)

             日臨技第59回医学検査学会の前日である5月21日に神戸市ポートピアホテルを
             会場として標記定期総会が開催され、審議の結果、平成21年度の事業、決算など
             すべての議案が承認されました。

             総括の中で、公益法人の移行については、最重点事項と位置づけ、定款・諸規定
             検討委員会を組織し検討を続け、また、コンサルティング業者による診断結果を得て
             思慮した結果、平成22年度からの新執行部に判断を委ねることとした。

             前年度に引き続き公益事業に対しては積極的な予算処置を講じ、43都道府県技師
             会の協力を得て134事業を執行したこと、精度管理調査事業は3,558施設の参加があり
             前年度より74増加したこと、臨床検査データ標準化事業は3ヶ年計画が終了し新たな
             段階に対しては新執行部に発展的継続を委ねたい。

             健康増進普及啓発事業として、<世界医学検査デー・臨床検査普及月間>、
             <がん制圧、乳がん撲滅>、<世界糖尿病デー>、<世界エイズデー>、生活習慣予防
             啓発に関する事業など都道府県技師会の協力を得て実施した。などの報告があった。


        A会員消長(3月10日集計)
           会員数       49,630(兵庫県1,945)(新入会員 3,044(兵庫県115))
           賛助会員数      76(87口)
           
           日臨技リンクス加入状況
             都道府県傷害                      2,533(兵庫県加入状況 104)
             newリンクス                           522(兵庫県加入状況  11)
             臨床検査技師賠償責任加入者 15,419(兵庫県加入状況 619)

        B21年度の一般会計の主な収支報告は以下の通りであった。
             収入総額       775,799,413      
                支出総額     770,087,922
                
収支差額     5,711,492

              (主な項目)
                 会費収入     509,238,000    学術技術振興   163,202,834
                 事業収入     131,179,045              国際協力      6,022,647
            会誌発行収入      32,704,167        精度保障    67,295,380
              分担金収入        3,000,000        就労支援     9,433,764
              貸付金回収           10,000,000         国民医療等   103,323,983
                   雑収入        1,651,788          教育事業       40,508,131
      運営基盤からの繰入      80,000,000              会誌発行   178,776,207
                      渉外         4,994,286           組織対策        43,449,761
                   管理費        92,956,461   他会計への繰入     60,124,486

    2)近臨技報告
      近畿臨床検査技師会 予算委員会報告
         開催日 平成22年5月19日(水)15:00〜17:30
         場 所 社団法人大阪府臨床検査技師会事務所
         
         議 題 
           @ 平成21年度収支決算(案)について
              
A 平成22年度収支予算(案)について

           
要 約
           @ 近臨技学術部 収支決算について
                ・5つの研修会を開催した。
                   研修会活動費として10万×5研修=50万を助成金として出費
                ・前年度研修会の繰越金を収入に繰り入れて実施(2開催)。
                ・関係メーカーからの広告費(3開催:4万、22万、24万、)収入が目立つ。
                ・広告費を集めた上、更に協賛金(1万×5社)を収入として実施している研修会もある。
                ・研修会における広告収入については、近臨技では禁じていないが、取扱について検討すべき。
                ・研修会の余剰金(合計585,929円)を近臨技会計に繰り入れる。

           A 第50回近畿医学検査学会(12月11日・12日)について
                ・記念式典、公開講演会、祝賀会を実施する。
                    記念式典・祝賀会は奈良ホテル
                    公開講演会 「土と役者と考古学 −纒向遺跡と歴史ロマン−」
                                                     演者 苅谷 俊介先生(俳優、考古学協会員)
                ・記念式典、講演会に助成金150万を支出する。

    3.各部局報告
        【事務局】
         <事務局>
             1. 平成22年度健康ひょうご21県民運動実践活動等助成金について、次年度の事業計画の
                    中で検討する。

             2. 神戸市保健福祉局 高齢福祉部に社会保険資格取得(喪失)関係書類4月15日提出
             3. 第5回兵庫県がん診療連携協議会→4月26日 富永会長が出席。
             4. 兵庫県住宅再健共済制度『フェニックス共済』の各種会議・大会・行事等での加入推奨等に
                    ついて(兵庫県健康生活部健康局医務課長)→パンフ30枚依頼(研修センター)

             5. 4月21日西光さんと河中さんと非常勤雇用契約
             6. 財団法人 黒住医学研究振興団 第18回研究助成事業募集要項(平成22年度) 
                                                                                                   →ホームページに掲載

             7. 和歌山臨床検査技師会からスキルアップ研修会の中の健康管理食品の部門の広報依頼
                                                                                                   →ホームページに掲載。

             8. 4月21日・26日に滞りなく会計監査が終了。
             9. 4月26日 日臨技より真田事業推進局長へ役員推薦委員会委員委嘱の通知
            10. 4月26日 財団法人兵庫県健康財団表彰 
                                がん予防の部 塚本 澄子会員に決定との通知あり。

            11. 4月23日 日臨技からの通知 
                                   1)AED研修会の廃止
                                   2)共催公益目的事業の廃止
                                   3)会長と語る夕べの事業の廃止
                                  4)全国会長会議・代議員会を8月8日午前10時から午後4時開催予定

            12. 4月23日 日臨技からの調査  
                                   1)役員名簿
                                   2)都道府県技師会会費、入会金調査 
                                   3)助成金等の送金振込口座に回答

            13. 第2回理事会(書面表決)の結果、常務理事は中町祐司、浜上明久の両氏に決定。
            14. 兵庫県医師連盟より県連大会代議員の選任→東塚副会長
            15. 平成22年日本臨床検査技師連盟連絡責任者は金理事。
            16. 平成22年度健康ひょうご21県民運動推進会議総会・総合フォーラム(6月1日)に
                    中山副会長が出席予定

            17. 日臨技代議員は中山副会長、中町理事。
            18. 医療安全全国共同行動2周年記念フォーラムの案内→ホームページにアップ
            19. 岡山県技師会からホームページバナー広告についての問合せ→鳥居広報部長が回答
            20. 第52回全日本病院学会 in 兵庫の開催案内→ホームページにアップ
            21. 日臨技より国民健康増進事業に関するアンケート→公益事業部から回答する。
            22. 厚生労働省医政局長より「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」
                                                                                                   →ホームページにアップ

            23. 事務職員に新人が入ったこと、事務職員の残業が多くなっていること(3月22時間/人)より
                    事務職員に無駄な負担をかけないようにお願いします。

            24. 領収書の必要な書類に領収書未貼付の場合は清算書を受付しません。
            25. 各事業で赤字は出さないようにお願いします。
            26. 事務所のPC1台がウイルスに感染しました(真田理事が対処)。
                    USBメモリーの使用時に自動的にウィルスチェックを実行するように設定した。


          <総務部>
             1. 平成22年度第2回通常総会議案書について
                  600部印刷し、定期発送にて各施設、賛助会員へ配布済み。
             
             2. 会員状況(5月27日現在)

 

施設数

施設会員数

自宅会員数

合計

神戸地区

137

743

74

817

阪神地区

62

401

43

444

丹但地区

16

90

5

95

東播地区

52

293

28

321

西播地区

47

299

18

317

合   計

314

1826

168

1994


            3. 平成22年度会員の消長

          

4月28日(現在)

5月27日(現在)

新入会

66

81

転入

5

       8

転出

4

 6

退会

0

9

賛助

69

68 

シルバー

7

7

会費未納者

137

114

                                                   賛助に関しては2社の統合により1社減となった

         <経理部>
             1. 予算管理月報について
                期末更新処理を5月7日に実施しました。次回総会で提出予定の補正予算案に沿った
                会計データの入力が5月24日に終了しましたが、入力済みデータの移行が完了してい
                    ないため、出力できておりません。出納帳提出は広報部のみです(5/25現在)

            2. 広告状況について
            3.会計書類を一部更新しました。
         
         【渉外事業局】

        <渉外部>
            1.5月12日(水)第37回医療職五団体合同研修会の反省会を開催した。
                ・平成21年度研修会の事業・会計報告
                ・平成22年度研修会(臨床工学技士会担当)企画について討議した。
                      10月の第2回会議にて内容を決定する。

                ・第40回研修会について、費用按分など検討する場を設定する。

       【組織活動局】
            1.本会は公益社団法人の取得を目指すため、平成22年度より会の執行体制を事務局、
                   事業推進局、渉外事業局、組織活動局の4局体制としました。その中で組織活動局は
                   組織部、広報部を統括担当します。今後は事務局、事業推進局、渉外事業局との連携
                   を強化して、公益社団法人の取得に向けて事業展開を進めて行きたいと考えます。


         <組織部>
             1. 平成22年7月3日 14:00〜15:00 神戸阪神地区施設責任者連絡者会議 
                                 15:00〜17:00 新人研修会
                                         
17:30〜20:00  交流会(新人歓迎会)平成22年7月4日西播地区研究発表会

         <広報部>
             1.ホームページに新規および更新掲載しました(4.21-5.26)。
                @ 技師会関係
                    ・ 会員状況(4.28現在)
                    ・ H22-23年度執行部組織図および役員名簿・組織構成
                    ・ HYOGOニュース・行事予定表(5月号)
                    ・ 研修会速報ページ新規作成(調整中と表記、内容については審議事項として提出)
                  ・ 臨床化学検査研修会(6月)の案内
                    ・ 第15回近畿輸血検査研修会の案内
               A関係団体
                    ・ 医療安全全国共同行動2周年記念フォーラムの案内
                    ・ 第52回全日本病院学会 in 兵庫の案内
                    ・ 第55回日本臨床検査医学会近畿支部例会の案内
                    ・ 医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について
             2.HYOGOニュース6月号編集委員会を開催しました(5.10)。
             3.岡山県臨床検査技師会の高津理事(情報・組織部長)からホームページ上のバナー広告(掲載
                    料金・契約期間、広告掲載の規定(業種の選別、賛助会員の有無など))について問合せがあり
                    ました(5.7付)。広告掲載料金・契約期間は常務理事会資料(広告申込一覧)を参考に、また広告 
                    掲載は理事会で審議していることを回答いたしました(5.9付)。

             4.データ(写真)の保存と管理について(第1回常務理事会審議事項2:報告済)
                平成22年度からの市民講座や総会、研修会等の写真を整理・保存始めました。
             5.第1回広報・情報センター合同委員会を開催しました(5.22)。
             6.管理・運営研修会の取材をしました(5.26)。
             7.第1回常務理事会(5.1)で、報告した内容。
                @ ホームページの新規および更新掲載(4.3-4.20)
                A HYOGOニュース5月号編集会議(4.12)
                B H22-23年度広報委員および情報センター委員の報告

        【事業推進局】
         <学術部>
             1.第1回学術部会を本日開催いたしました。会計、広報から連絡事項の報告。
             2.各研究斑、班長、班員が決定いたしました。(別紙参照)
             3.就労支援事業腹部超音波実技講習会を9月、10月に開催予定、講習会終了後の
                    病院見学、実習先の名簿作成いたします。

             4.第59回医学検査学会は、約4,200名の参加があった。
            5.18回県医学検査学会・31回但丹地区研修会、論文集を学術特集号として現在印刷中。

         <精度管理事業部>
             1. 日臨技平成22年度データ標準化事業会議報告
                 ・基幹施設、臨床検査室精度保証認証制度等の報告
             2. 研究班長から本年度のサーベイ要望事項をとりまとめて、作業を進める。

         <公益事業部>
             1. 日臨技から『国民健康増進事業に関するアンケートについて(依頼)』(以下、内容は、今年度の
                    国民健康増進事業活動につきましては、乳がんに関する啓発活動(9・10月)及びエイズ予防啓
                    発活動と並行しての若年層に対するSTI(STD)予防啓発活動(11・12月)を予定しているので、
                    地区及び各都道府県における事業活動の実態を把握し、今後の活動の参考とするためにアン
                    ケートを行う)が来ましたので、本会の昨年度の実施状況と今年度の活動予定を回答します。


                財団法人兵庫県健康財団より『平成22年度「健康マイプラン200万人運動実践講座」の実施につ
                    いて』の案内(以下、内容 講演会や研修会において、健康財団より、健康指導・栄養指導・運動
                    指導・生活指導等が可能な専門家を派遣し、健康づくりの実践を支援する(1講座当たりの講師謝
                    金の額は3万円))が来ています。


   審議事項・決議事項
         <事務局>
             1. 「公益信託臨床検査医学研究振興基金」「藤田浩一郎賞」「研究奨励」の推薦について
                 該当する会員を1名ずつ推薦することとした。
             2. 平成22年度公衆衛生事業功労者表彰(日本公衆衛生協会)の推薦
                 個人の部 50歳以上で10年以上(現在も)事業に従事している会員を推薦する。
             3. 平成22年度「健康マイプラン200万人運動実践講義」
                 講演会の開催について、次年度計画の中で制度活用を検討することとした。
             4. 近畿臨床検査技師会理事の選出(5名)について
                 会長、副会長2人、事務局長、事業推進局長の5名に決定した。
             5. 兵庫県精度管理専門委員の選出
                 精度管理事業部に一任。

         <総務部>
             1. 平成22年度第2回通常総会タイムスケジュールについて
                 ・第3議案の公益社団法人の移行については富永会長が、補正予算を第4号議案として
                       東塚副会長が説明する。


         <渉外部>
             1.平成22年度 姫路市医療推進委員会(姫路市医師会)の出向について
                      
2万円の予算内で行うことで承認された。

         <組織部>
             1. 平成22年度兵庫医学検査学会6月13日出席理事の確認について
                 12時までに出席すること。欠席者は6月4日までに連絡する。
             2. 交流会(新人歓迎会)出席理事の確認については、メールで行う。
                 人材育成事業腹部超音波実技講習会9月より実施予定

         <広報部>
             1. HYOGOニュース(行事予定表)の編集について
                 第1回常務理事会で審議事項1として提案した行事予定表作成について、編集委員会等で
                     意見調整を行った。行事予定表作成タイムスケジュール改正案を提示(以下 内容要約)。
                     
@ 行事予定(学術部・組織部)の情報は事務局に集約する(期限厳守で送付)。
                 A 事務局から印刷会社に送付する際、広報部(研修会速報)・学術部(研修会内容の確認)にも送付する。
                 B 編集委員会に学術部も場合により参加してもらう。
                 C 初稿校正(追加・修正等)は学術部(組織部の企画がある場合は組織部)にも送付してもらう。
                     ⇒ 原案とおり承認。
                 
2. 研修会の速報について
                  神戸協同病院山本会員から行事予定表を早く公表してもらえないだろうかとの意見メールが届き、
                       第1回常務理事会で審議しました。ホームページに速報情報を掲載するための速報ページ雛形を
                       提示いたします(配布資料参照2)。

                     ⇒ 原案とおり承認。
                  
3. 求人申込に関するお願い
                  会員から求人申込に関する問合せがあったため、ホームページに実施手順を掲載する。
                       雛形を提示(配布資料参照3)。

                     ⇒ 原案とおり承認。
                  
4. ホームページのバックアップについて
                  最近画像やPDFデータが多くなり、バックアップ容量が増えており、外付ハードディスク(HDD)の
                       購入許可を申請。

                     ⇒ 原案とおり承認。
                  
5. 他団体主催の学会のお知らせを兵臨技ホームページに掲載してほしい場合について
                   ・学会事務局より公文書を発送してもらう。
                   ・理事会審議により、関連団体のものであればリンク掲載とする。
                   ・理事会に間に合わない場合は会長決済とする。その報告については広報から行う。

          <学術部>
              1. 生涯教育点数について、チーム医療研修会は基礎点にしたい
                   ⇒ 原案とおり承認。
                  
2.細胞診の実習における研修センター施設の利用について
                   施設利用願いの提出を要請した。

          <精度管理事業部>
              1. 日臨技平成22年度データ標準化事業に関して
                 @兵庫県の基幹施設について
                     関西労災病院に確認し、承諾されれば第1基幹施設とする。
                 A都道府県標準化委員会の設置について
                     現行委員に対して、意向確認する。
              2. 兵臨技サーベイについて
                 @ 日程について 
                      2010年 5月29日 ・・・・・・項目・方法の決定 理事会提出
                      7月の定期発送・・・・・・・・精度管理調査案内の施設発送
                      2010年 8月31日(火)・・・・参加申し込み締め切り
                      2010年11月 7日(日)・・・・発送準備 神戸大学?
                      2010年11月19日(金) ・・・結果締め切り
                      2010年11月24日(火) ・・・ホームページ・メールにて正解を報告
                      2011年01月20日・・・・・・ ・解析締め切り
                      2011年2月20日・・・・・・・・・解析集発送
                             
⇒ 原案とおり承認。 
                     
A 項目・方法について
                      今年度は血液ガスはなし。
                 B 費用について
                      例年どおりで了承された。
                 C 案内用紙(別紙参照)
                      承認された。 

        【会長提案事項】
             1)  富永会長より、現在、特例民法法人である兵臨技は2013年の新制度に向けて公益社団法人への
                     移行を目指して取り組みたい。経理面についてはすでに公認会計士とも話し合った。6月22日には
                     県のヒアリングがある。理事会の方針として公益社団法人を目指すことを確認しておきたい。

                 理事から様々な意見が出た。
                 公益社団法人になるには不特定多数の者の利益の増進を図らなくてはならなく、会員と非会員の
                     差がなくなり、会員であるメリットが減少し、会員数が減るのではないか。会員にたいして公益社団
                     法人移行への説得が困難であるなど。

             2)  兵庫県会員の創設に向けた取り組みについて説明された。


  ●次回の会議予定
       第2回定期総会   平成22年6月13日(日)13:00〜 公立豊岡病院 講堂
       第2回常務理事会 平成22年7月 3日(土)10:00〜 兵臨技研修センター
       第4回理事会     平成22年8月 7日(土)14:00〜 兵臨技研修センター