第5回 理事会議事録

開催日:平成22103日(
時  間:11:0014:30
場  所:兵臨技 研修センター

出席者:富永、中山、東塚、中町、金、浜上、粕谷、鳥居、松田、真田、綿貫、
           山本、国分寺、竹川、駒井、平手、河谷、桑島、折田、米津、藤井、井垣 
欠席者:谷口

 現在の理事数 23
 理事22名の出席により会議は有効裡に開催された。
 議事録署名人の選出:中町、浜上両理事を選出した。


議題
 日臨技・近臨技報告
 各部局報告
 審議事項

報告と審議内容
 1.日臨技・近臨技報告
       中山副会長より以下の報告があった。
         日臨技情報
          1)日臨技 遺伝子研修会(91819日:神戸常盤大学)
                33名(定員50名)の受講者にて、無事終了。
                最終決算はまだだが、収入33万、支出も赤字にはならない見込み。
          2)全国会長・代議員会議(88日)にて日臨技の事業説明があった。
                総括(高田会長から報告)
                 1. 執行体制について
                 2. 事業計画
                    会費などの自動引き落としの具体化、口座振替会員へ臨床検査賠償
                         責任保険および会務中の傷害保険を付与、精度保証施設認証事業、
                         実習施設指導者等講習会を日臨技独自の事業とする、検査研究部門
                         はあり方を含め再構築、AED・共催公益目的事業・会長と語る夕べを
                         廃止、中華民国との2国間交流を廃止(台湾がAAMLSに加盟したため)。

                各部から(紙面の都合上、割愛項目がある。詳細は会報JAMTに記載)
                  1. 渉外法制部
                    ・今後の法改正にかかる方針について
                        ○技師制度対策委員会として、以下の4点を継続検討する。
                           @検査データの精度保証と標準化に関する事業
                           A微生物学的検査の検体採取
                           B血圧測定
                           C生理学的検査の項目追加(嗅覚・味覚検査)
                        ○医行為と医療行為の区分の明確化
                    ・診療報酬対策における方針について
                       平成22年改正点を検証整理し、アンケート調査を実施予定
                       重点項目は、検体管理加算、血液採取料、生理検査病棟出張加算、除外検査
                       新規項目については認定資格と関連する学会へ意見を求め検討する。
                    HPVワクチン無償化署名活動(9月に実施済み)
                  2. 地区担当理事
                     組織体制:統括理事1名、地区理事8
                    ・新法人へ向けての地区対策について
                        支部数:8、支部長は日臨技が指名、決められた予算内で運営
                        事業(研修会、公益事業等)は継続、学会名称を統一、支部内で事務所を設立
                        (日臨技事務所にも支部担当職員を設置してあたる)
                  3. 公益事業T部と標準化事業における施設認証制度について実施手順詳細は略)
                    ・医療安全対策の推進として、「医療安全管理者研修会」の開催
                    ・精度管理システム構築:都道府県サーベイでも利用可能なものを構築する。
                    JCCLS事業への参画:「精度保証施設認証制度」を共同で進める。
                  4. 公益事業Uの事業展開について(内容 略)
                       
5. 教育研修部(内容 略)
                       
6. 総務部、事務局
                    ・新法人移行について:一般社団法人へ移行後公益認定取得を目指す。
                    ・技師賠償保険全員加入について
                        職能団体の社会的責任を果たす見地から、年会費自動振り替え承認会員限定で
                              業務中の賠償・会務中の障害補償
                              ⇒ 会費納入方法の違いは無くなり、正会員は全員に。

                   ・表彰事業の推進:35歳以下の若手技師を対象とした特別奨励賞を設定した。
                   ・地区・都道府県技師会への助成金を適正/効率性に富んだものとする。
                   ・ホームページの刷新:外部委託化、など
         関係団体情報
            臨床検査振興協議会(日臨技はオブザーバー:構成団体ではない)
             ・協議会発足5年が経過し、広報委員会として当初より構成団体はもとよりホームページなど
                  を通じて「臨床検査について」広報してきた。

             ・より広く多くの国民に臨床検査のことを知ってもらうために、1111日を「臨床検査の日」とした。
             ・「臨床検査の日」記念日告知企画として
                 記者会見(1025日・東京/厚生日比谷クラブまたは他の適地)
                 イベントへの参加(「関西1500人女子力向上祭」/協賛企業ブースにて健康相談など)
                 記念フォーラム(1111日・東京中野区もみじ山文化センター)が開催される。
                 ミニ講演(八名信夫氏)
                 構成団体員によるフォーラム(日臨技会長は欠席を表明)
        近臨技情報
             1016日に近畿理事会、日臨技地区連絡協議会が開催される。
             3回近畿臨床検査技師会会長会議(918日)の議事録概要報告
             近畿臨床検査関連学会同時開催協議会議事概要記録


2.各部局報告
   事務局
    事務局
     1.兵庫県公衆衛生協会団体会費を納入
     2.公明党・自民党政策要望懇談会への出席(831)
        病院等施設での臨床検査技師の人材安定確保と業務拡大
        臨床検査技師のチーム医療への積極的参画に対する保険点数施設加算
        臨床検査技師の業務独占と生理検査業務の政令の包括列記
          兵庫県へ
            県下医療機関、検診センター、診療所等の臨床検査成績基準化事業の推進への助成
            県民公開講座の開催と検診従事者の人材養成への助成
          神戸市へ
            
公開講座の開催への助成
            公明党からは回答あり
     3.兵庫県歯科衛生士会 社団法人設立10周年記念式典1031日午前11時より会長が出席
     4.次年度より名誉会員の日臨技会費は自己負担とする
     5.健康ひょうご21県民運動推進員を松田渉外部長とする
     6.兵庫県医師会関係団体事務連絡会 1030日午後6時より 駒井総務部長が出席予定
     7.特例民法法人の活動と政治団体の活動の峻別調査(兵庫県企画県民部管理局公益法人室)
    <総務部>
     1.Webで行う会員管理システムについて(別紙)
         近臨技会長会議においてWebで行う会員管理システムの提案があった。
           JAMTIS
と連携のとれる都道府県独自の会員管理システムであり、東京と埼玉で稼働している。
           地区単位での導入などについて1016日に近畿各府県担当者と滋賀県で検討する。

   
     2.会員状況(平成22929日現在)

 

施設数

施設会員数

自宅会員数

合計(未納含む)

神戸地区

136

729

70

799

阪神地区

60

394

42

436

丹但地区

16

90

3

93

東播地区

52

284

33

317

西播地区

46

299

17

316

合   計

310

1796

165

1961


     3.会員数の推移

 

428

527

625

727

831

929

会員数(未納含まず)

1838

1880

1896

1929

1946

1956

会費未納会員

137

114

104

73

43

5

新入会

66

81

90

99

109

111

転入

5

8

8

9

10

11

転出

4

6

6

11

16

18

退会

0

9

12

16

36

65

賛助

69

69

68

68

68

68

シルバー

7

7

7

7

7

7


    <経理部>
     1.予算管理月報について  9/30現在(別紙)
     2.広告状況について 9/30現在(別紙)

   【渉外事業局】
    <渉外部>
    1.822日 兵庫県会員創設WGは、現行の「兵庫県会員管理システム」に対し総務部からの提案の
          あった改修要望点について協議を行い、以下の機能を現行システムに対し付加し、研究班に対して
         も会員管理システムの内容について意見集約を行うこととした。

          @会費入金登録
          A会員証発行機能
          B日臨技会員システムからのアップロード
          C研修会行事・参加登録
          D研修会受付機能
          E研修会履修通知作成機能
          F会員登録画面属性の追加
          G定期発送用タックシール紙の出力
          H会費納入振込み用紙の出力
          I会員施設検索
          J会員名簿発行機能
          K賛助会員登録

     
2.「兵庫県会員登録」について
        兵臨技会員と日臨技会員登録方法及び会員特典、諸条件の差異について整理したものを一般会員
          啓発資料として「法人改革に伴う兵庫県臨床検査技師会会員登録について」を9月定期発送にて送
          付した。


    3.「臨床検査技師賠償責任保険」について
        案内を10月定期発送分にて送付した。

    【組織活動局】
     <組織部>
     1. 93日(金) 平成22年第1回東播地区ナイトセミナーを甲南加古川病院で実施した。
     2. 1126日(金)平成22年第2回東播地区ナイトセミナーを県立加古川医療センターで実施予定
     3. 116日(土)第4回丹但地区学術・組織合同研修会、施設責任者連絡者会議を八鹿病院で実施予定

     <広報部>
     1.ホームページに新規および更新掲載した(9.1-9.30)
        @技師会関係
          ・会員状況(8.31現在分)
          ・研修会速報ページ
          ・乳がん検診促進キャンペーン市民公開講座の案内
          HYOGOニュース・行事予定表(10月号)
          ・第23回輸血懇話会の案内/参加票
          ・法人改革に伴う兵庫県臨床検査技師会会員登録(重要なお知らせ)
          ・日臨技形態検査部門研修会の案内
          ・第15 回近畿臨床化学検査研修会のご案内
        A 関係団体
          ・ニューデリー・メタロ‐β‐ラクタマーゼ1(NDM-1)産生多剤耐性菌について
     2HYOGOニュース10月号編集委員会を開催した(9.10)。
     3.乳がん検診促進キャンペーン市民公開講座のチラシ・垂れ幕経費の見積とチラシ基本案作成
     4.第3回常務理事会(9.4)にて報告した内容
        @報告事項について
          ・ホームページの新規および更新掲載(7.28-8.31)
          HYOGOニュース9月号編集委員会(8.10
          ・外付ハードディスク(理事会承認済)の購入(7.19
        A審議事項について
            会報HYOGO (HYOGO JOURNAL Vol.32 No.1)新年号に掲載する平成22年(1月〜12月)の
               各部局活動報告の原稿提出(125日締切)についてのお願い。また新年号は30周年記念
               号として出版することとなった。


    【事業推進局】
     <学術部>
     1. 2回学術部会を開催した(103日)。
     2. 日臨技と各種学会との関連(別紙参照)
     3. 60回日本医学検査学会一般演題座長候補者推薦について(依頼)
           免疫血清、血液、臨床化学、病理、生理(心エコー)、情報システム、チーム医療、その他、合計8
     4.兵臨技サーベイの進行が遅れている。
    
    <精度管理事業部>
     1.日臨技「精度保障施設認証制度」について
          日臨技のスケジュールに従い、116日を兵庫県の審査日とする。
     2.平成22年度精度管理専門委員会(兵庫県医師会)の報告


審議事項・決議事項
    <事務局>
     1. 30周年記念事業実行委員会の立ち上げについて
          ⇒承認された。
     2. 功労賞・奨励賞選考委員へ選考の依頼について
          11月中に選考をする。
     3. 次年度からの兵臨技会費 5000
          ⇒近臨技協議会負担金を含んでいる。承認された。
     4. 糖尿病療法指導士兵庫県連合会世話人会の出席者について
          ⇒渡辺 浩志 氏(市立加西病院)、松田渉外部長の2人に依頼する。
     5. 新生兵庫講演会(井戸敏三講演会)(政治資金パーティー)の出席について(別紙資料)
          ⇒欠席とする。

    <総務部>
     1.兵庫県会員システム案について(別紙)
         兵庫県会員システムの独自開発を停止し、地区で検討しているWebで行う会員管理
            システムの導入を検討する。これに伴い11月に予定していた会員名簿は発刊を延期
            し新会員管理システムを用いて発行する。また、提案されたシステムには会員証発行
           や学術部門(研修会登録や参加登録など)に関係する仕様は今のところない。

          ⇒兵庫ニュースにて名簿号発刊延期を広報する。
        会員名簿号の広告掲載応募済み賛助会員に経緯を説明する。
        Webで生涯教育の登録ができるように実務者会議で要望する。

     <渉外部>
      1.「臨床検査技師賠償責任保険」料金徴収方法について
          ⇒実務者会議にて検討する。
      2.「臨床検査技師賠償責任保険」の保険開始日について
          ⇒兵庫県会員の開始日と同じく平成2341日から。
             平成231月〜3月については保留。

     <学術部>
      1. 兵庫県会員システムについて
          ⇒兵庫県会員システムと日臨技の生涯教育ポイントおよび各種学会、研究会との
                関連についてどうなるかは現段階では不明。生涯ポイントの必要な認定資格等を
                調べておく。



次回の会議予定
      4回常務理事会 平成2211 13日(土)1000〜 兵臨技研修センター
      6回理事会      平成2212 4日(土)1400〜 兵臨技研修センター