平成23年度臨時 理事会議事録



開催日:平成23年9月23日(金)
時 間:10:00〜15:00
場 所:兵臨技 研修センター
出席者:富永、中山、東塚、中町、浜上、金、真田、綿貫、松田、粕谷、鳥居、折田、谷口、平手、河谷、藤井、 駒井
欠席者:、竹川、国分寺、山本、井垣、桑島、米津

・ 現在の理事数 23名
・ 欠席者全員から議決権を富永会長に委任する委任状が提出された。
・ 理事17名の出席により会議は有効裡に開催された。
・ 議事録署名人の選出:中町、浜上両理事を選出した。

議題
・ 公益法人取得に向けての取り組みについて
・ 平成23年度地区会長・全国都道府県会長会議報告について


公益法人取得についての報告と審議内容

 

1.  移行認定申請書について

・   富永会長から移行認定申請書についての説明がなされた ⇒ 承認

・   申請業務担当者を富永会長とする ⇒ 承認

 

2.   事業の一覧について

以下の事業の概要について富永会長から説明がなされた ⇒ 承認

1)   公益目的事業

公1:公衆衛生の向上及び臨床検査に関する普及啓発を目的とする事業 

公2:臨床検査の標準化調査及び精度管理指導を目的とする事業

公3:学術及び技術の振興を目的とする事業

2)   収益事業等

収益事業はなく、その他の事業として

他1:会員の資質を向上させる事業

他2:広報事業

他3:職業紹介事業

 

3.   収支予算の事業別区分経理の内訳表について(別表G参照)

収支予算の事業別区分経理の内訳表についての説明がなされた。⇒ 承認

上記内容は平成22年度決算。平成23年度予算記載の必要性について調査を行う。⇒承認

赤字額は前年度繰越金により相殺する。⇒承認

 

4.   収支相償の計算について(別表A参照)

収入−費用がマイナスであり公益支出として問題なかった。 ⇒ 承認

 

5.   公益目的事業比率の算定総括表について(別表B参照)

公益目的事業比率は50%を超えており事業比率として問題なかった ⇒ 承認

  

6.   遊休財産額の保有制限の判定について(別表C参照)

・過剰な財産を保有していないとの説明がなされた。

・内訳については別表C(2)控除対象財産を参照。⇒ 承認

 

7. 公益目的事業を行うのに必要な経理的基礎について(別表E参照)

 平成18年度〜平成22年度の会費収入額を記載する ⇒承認

 

8.   各事業に関連する費用額の配賦計算表(役員等の報酬・給料手当)について 

事務職員の給与手当等に関する事業比率は、別表F1の通り。⇒承認

 

9.   各事業に関連する費用額の配賦計算表(役員等の報酬・給料手当以外の経費)について

別表F2に基づき、公益目的事業、収益事業ごとに按分した比率を確認した。⇒承認 

 

10. 会員及び会費等に関する規程について

・   第8条:入会金は2,000円。ただし、現在は理事会議決によって免除している⇒承認。

・   第12条の2:『継続する会員は、毎事業年度開始前までに、会費(年額)を納付しなければならない』に変更する。

・   第9条:『新たに入会が認められた者』は他府県からの転入者が含まれることを確認した。

・   (別表):入会申し込書に記載する事項に『技師免許番号』、『技師免許取得日』を追加

・   (別表):『個人賛助会員』の区分を追加した。

・   第11条:賛助会員(個人) は原案のまま残す。

・   その他の会員及び会費等に関する規程について確認を行い承認された。

 

11.  総会運営規程について

・  第4条には議決権を有する会員は総会開催日の3箇月前に在籍している正会員となっている。3月退職者に議決権があり、4月入会者に議決権がないなどの問題点を指摘されたが、議論の結果、原案のままとなった。また、委任状は3月31日付の名簿を基に作成することを検討する。 ⇒ 承認

・   以下の文言を赤字の如く修正する ⇒ 承認

ロ 書面による議決権の行使については、議決権行使書を開催日の前日までに提出すべき旨

(司会者と議長及び副議長の選出)を(司会者と議長の選出)に修正

議長は、総会の開会に際し、出席者の確認し、議場に報告させなければならない。

第32条 この規程の改廃は、総会の決議を経て行う。

・      第2条四、五ハ の電磁的方法による議決権については削除する。

・      その他の総会運営規程について確認を行い承認された。

 

12. 役員候補者選出規程

・     会長候補者を選挙し、理事会で選任する。⇒承認

・     理事、監事は総会で選任する。⇒承認

・     第5条の電磁的方法に『書面を』追加する ⇒承認

・     その他の役員候補者選出規程について確認を行い承認された。

 

13. 理事会運営規程

・     第3条 『理事会は、すべての理事をもって構成する』に変更 ⇒承認

・     一般社団法人及び一般財団法人に関する法律施行規則第89条に間違いがないか?⇒確認済み 

・     P66 別表からP67は削除 ⇒承認

・     その他の理事会運営規程について確認を行い承認された。

 

14. 役員の報酬等及び費用に関する規程

・     役員は無報酬。但し、負担した費用については遅滞なく支払う ⇒承認

・     第1条の定款第27条を第26条に変更する ⇒承認

・     第4章 9条、10条、11条を5条、6条、7条に変更する ⇒承認

・     その他の役員の報酬等及び費用に関する規程について確認を行い承認された。

 

15. 公益社団法人 兵庫県臨床検査技師会 定款について

上記の規程と矛盾しないことを確認した。

 

16. 公益法人取得のスケジュールについて

・   本日の理事会で承認を得て、9月26日に制定する。⇒承認

・   現在の体制は3月31日までとし、4月1日から公益社団法人として新体制(理事20名以内)で行う。⇒承認

 

その他の審議事項・報告事項

1.      定期発送について

会費未納会員については2か月後に定期発送を停止する。

 

2.      会員名簿号の発刊と訂正について

9月の定期発送にて施設連絡責任者に配布する(資料別添) 

 

3.      平成23年度地区会長・全国都道府県会長会議報告について

富永会長より平成23年度地区会長・全国都道府県会長会議の報告がなされた(資料別添)。

理事からは以下の問題的が指摘された。

役員の定数が30名以内は多すぎる。

日臨技総研の事業形態が不明確

常勤理事の定義が示されていない

平成24年度の地臨技の会費徴収方法