第3回 理事会議事録


開催日:平成24年8月4日(土)

時 間:10:00~12:00

場 所:兵臨技 研修センター

出席者:富永、中町、東塚、金、真田、浜上、松田、駒井、渡辺、山中、中島、綿貫、谷口、藤原

監事 向井

欠席者:井垣、鳥居、竹川、坂本、橋本、藤井、近藤(監事)

現在の理事数 20名

理事14名の出席により会議は有効裡に開催された。

議事録署名人の選出:富永会長、向井監事を選出した。

議題

日臨技・新近臨技報告

各部局報告

審議事項

 

報告と審議内容

1.日臨技報告

【日臨技報告】

第4回日本臨床検査技師会理事会報告理事会(平成24 年6 月8 日)

 

【総務・渉外】

01.  平成24・25 年度の執行体制(資料1)

02.第50 回大韓臨床病理学会への派遣(2012 年06 月27 日~30 日)

03.AAMLS 代表者会議が、第50 回大韓臨床病理学会と同時に開催されるため、AAMLS 理事 小﨑氏を派遣。宮島氏も理事に。

04. 第30 回 IFBLS World Congress への派遣(2012 年8 月18 日~22 日)

05.支部会計の処理および支部研修会のあり方について→再考中

06.下記団体から以下の文書に対応した。

1)九州支部 第64 回日本医学検査学会 立候補届 を受理。

2)日本衛生検査所協会広報委員会「平成24 年協会紙「ラボ」7 月号広告出稿依頼」を受理。

3)文部科学省研究振興局長「平成25 年度科学分野の文部科学大臣費用賞科学賞及び若年科学者賞候補者の推薦」を受理

07.会長住居について→報酬は委員会で検討する

住宅費用は日臨技が、その他生活にかかる光熱費等は個人負担とする。

08.認定管理検査技師制度 申込者 10 名 (6 月5 日現在)

09.日臨技認定更新指定研修会の申請を承認した。

1) 2012/09/01 第23 回関東甲信地区臨床検査技師会 一般検査研修会 松本歯科大学

2) 2012/10/27 平成24 年度 認定心電検査技師セミナー研修会 帝京大学棟本館

10.日本糖尿病療養指導士認定機構の第1群(糖尿病療養指導研修)単位認定申請を承認。

1) 2012/06/16 第10 回埼玉糖尿病療養指導フォーラム 1 単位

2) 2012/07/17 第25 回望星台糖尿病セミナー 0.5 単位

11.平成24 年度会員累計 48,465名(関西支部6,423名)

12.5 月度無料職業紹介事業実績 決定数1名

13.支部研修会の開催計画と運用、報告形式について

  支部企画学術研修会 10万円×7分野

  伝達・実技講習 予算内であれば支部企画の追加を認める

  関西支部・新近臨技研修会:参加者は支部のみでも同額で調整中

17. 平成24 年度日臨技臨床検査精度管理調査 参加申込みは3712 件・3680 施設。

18.4 月20 日(金)に平成24・25 年度 精度保証施設認証制度 認証施設122 施設へ「認証書」を送付した

19.平成24 年度日臨技データ標準化事業の基幹施設は、165 施設となった。

20.日臨技臨床検査精度管理調査システム使用申請が以下の13 技師会からあり承認した。

秋田県、山形県、茨城県、千葉県、神奈川県、福井県、山梨県、岐阜県、三重県、広島県、愛媛県、大分県技師会 合計18 技師会

【総務・渉外】

01. 理事会、執行理事会議の開催計画について

02.各委員会の委員

03.未来構想委員会 外部委員依頼団体 日本医師会、日本臨床検査医会、日本病院会、全日本病院協会、看護協会、患者会、マスコミ 団体

04.精度管理・標準化事業規程および精度管理・標準化事業規程細則の廃止。

05.IFBLS 2016 年学会開催国に立候補。

  国際学会 8月末に決定予定

【 学 術 】

06.生涯教育受付データ送信用ソフトを一部変更。

  古いカードと新しいカードの読み取り不良の為

【関西支部・新近臨技】

1.新近臨技の学術担当理事は白波瀬幹事、会計は伊藤幹事、書記は玉置幹事に決定。

2.学術協力員、髙田(大阪)、綿貫(兵庫)、荻野(京都)、今田(奈良)、木下(和歌山)、新川(滋賀)、羽田(福井)が承認された。

3.新近畿臨床検査技師会の事業を関西支部に順次移行し、将来的には1本化する。

4.兵庫の2016年度全国学会開催・IFBLS誘致の立候補に対し各地臨技で検討する。

5.名称を関西支部から近畿支部に変更するよう申請する。

6.今年度の病理の研修会は8月開催のため新近臨技研修会として開催する。

7.一般、血液、臨床化学、微生物、チーム医療3つは関西支部で開催する。

8.関西支部研修会運営方針は前年度までの新近臨技の手順(担当順番、申請時期など)を踏襲し、日臨技手順書に合わせる。

 

 

資料-1 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.各部局報告

 〔 事 務 局 〕

1.平成25年度、自由民主党本部政調会・兵庫県・神戸市予算編成に対する最重点要望事項について

 →富永会長が原案作成中

2.H24.6.7 H24医療安全管理者養成研修会の案内について

→事務局承認、広報部へHP掲載依頼済み

3.東播磨圏域新型インフルエンザ対策圏域協議会代表者 秋篠会員達也会員から富永会長に変更

4.平成25年度 春の叙勲及び褒章上申及び潜在候補者調査について→事務局より資料提出済み

5.平成24年度日本臨床検査技師連盟連絡責任者について→事務局より金副会長継続の旨連絡済み

6.兵庫県健康財団より平成24年度「健康マイプラン200万人運動実践講座」の実施案内あり

→講師等必要があれば利用下さい。

7.H24.6.17 兵庫医科大学 3号館1階 3-2講義室にて臨時理事会開催
→副会長枠1の追加と金渉外事業局長の副会長就任が承認された

8.H24.6.22 登録免許税の課税標準である登録件数の取扱について
→事務局承認、広報部へHP掲載依頼済み

9.平成24年度日臨技関西支部医学検査学会(第52回)ポケットプログラムについて
→事務局より2100部郵送依頼済み。8/13和歌山学会事務局より発送予定。

当会8月定期発送で会員へ送付予定

10.日臨技より台風等による被災会員に対するお見舞い金申請手続き等について
→事務局承認、広報部へHP掲載依頼済み

11.平成24年度兵庫県公衆衛生協会中央研究所における演題及び演題原稿の募集について

 →事務局承認、広報部へHP掲載依頼済み

12.H24.7.5 兵庫県がん連携推進協議会との会議(兵臨技研修センター)出席

 →参加者:富永会長、中町副会長、真田事務局長、駒井総務部長、鳥居広報部長

13.日本糖尿病療養指導士認定更新に関するお願い →綿貫学術部長へ確認依頼済み

14.臨床検査技師賠償責任保険について

           →8月1日からの加入が可能となる(1,970円)
受付期間がH24.6.20~H24.7.20なので、問い合わせがあった場合のみ案内中

15.臨床検査技師のための医療安全ガイドブックについて
 →500部入手、8月定期発送で各施設に1冊、個人会員に1冊配布済み

16.兵庫県公衆衛生協会長表彰被表彰者の推薦について
→7月20日〆切、団体の部で(株)兵庫県臨床検査研修所を推薦、個人は対象者なし

17.平成24年度公衆衛生事業功労者表彰者の推薦について →7月30日〆切、対象者なし

18.8月11日(土)~14日(火)兵臨技事務所盆休み

19.平成24年度姫路市衛生検査所精度管理専門委員 →県立淡路病院 桑島恭二会員に依頼、承諾済

20.平成24年度兵庫県自治賞(神戸地区)被表彰候補者推薦について →8月17日〆切、対象者なし

21.兵庫県プライマリーケア協議会幹事について →富永会長に依頼、承諾済み

22.第7回救急医療フォーラムについて →チラシ50部を理事所属施設に配布

  9月9日 姫路にて開催

24.受動喫煙の防止に関する条例 ポスター 次の定期発送に入れる方向で

 

<総務部>

1.      平成24年度第2回通常総会(総会成立)。

出席:51名(委任状1428名)

2.会員証発行について

平成24年5月8日現在の会費納入者1763名に会員証を配布。

追加発行は事務職員にて行いますので、2種類の会員証が流通します(資料別添)。

  3.会員状況について

  事務職員が今年度未納会員(退会された会員)に勧誘を行った結果47名増加した。

 

3/15

5/8

5/30

6/30

8/1

兵臨技+日臨技会員数

1617

1307

1265

1309

1349

(兵臨技会費未納者)

(42)

 

 

 

 

兵臨技のみ

458

456

514

551

558

(兵臨技会費未納者)

0

 

 

 

 

会員数合計

2075

1763

1779

1860

1907

未納者合計

(42)

 

 

 

 

 

 

施設数

会員数

神戸地区

137

757

阪神地区

60

409

丹但地区

16

86

東播地区

52

340

西播地区

46

312

県   外

 

3

合   計

311

1907

 

兵庫県会費未納者の名簿を配布。各施設で再度呼びかけるように勧められた。

退会届等を提出していない会員もあると思われるので。

 

<経理部>

1.    予算管理月報について 7/6現在(別紙)

2.    予算明細表について  7/6現在(別紙)

3.    広告状況について(別紙)

【渉外事業局】

<渉外部>

特になし

<組織部>

1.      西播地区より

1) 平成24年度第30回西播地区研究発表会打ち合わせ会議を6月11日に行いました(事業報告書、決算書)。

2) 平成24年度第2回西播地区施設責任者・施設連絡者会議を6月14日に開催しました(事業報告書、決算書)。

2.      丹但地区より

第33回丹但地区研修会を八鹿病院で6月24日に開催しました。市民公開講座を同時開催しています(事業報告書、決算書)。

3.      第1回東播地区ナイトセミナー(9/21)のご案内を東播地区の8月の定期発送に入れました(7/8常務理事会にて承認済み)。

 

<広報部>

1.ホームページに新規および更新掲載しました(7.6-8.2)。

①技師会関係

・研修会速報(8月)

・HYOGOニュース・行事予定表(8月号)

・第32回精度管理調査実施の案内および申込書

② 関係団体

・平成24年度兵庫県公衆衛生協会中央研究会における演題と演題原稿の募集

2.HYOGOニュース8月号編集委員会を開催しました(7.9)。

 

【事業推進局】

<学術部>

1. 20回県医学検査学会、参加者103名(有料52名、学生26名、スタッフ25名)

 会計報告別紙参照

2. 平成24年度関西支部医学検査学会の一般演題募集に際し、皆様のご協力により、

169題の演題を得ることができました。

3. 日本糖尿病療養指導士の認定更新について承諾しました。

4. 精度管理委員と学術部研究班長との会議をいたしました。

5.  eラーニングの進行状況(7月21日、血液研修会にてデモ)

6. その他

 

 

<精度管理事業部>

①6月20日兵庫県臨床検査技師会ホームページに第32回精度管理調査案内をアップ用

ファイルを鳥居部長に報告した。

②前年度の精度管理事業の問題点と対策

問題点

対策

要項を集めている時に各研究班の班長さんの協力が必要である。部長と班長間で食い違いがあった。

要項、結果フォーマット作成は、研究班長を中心に研究班で検討、決定していただき精度管理部長へ報告してもらうことにする。

要綱募集の前に血液・病理はフォトサーベイの画像の色合いが難しい為、7月末

にはドキュメントサービスと打合せの段取りを班長さんに確認する。

研究班長を中心に研究班で検討、決定していただき精度管理部長へ報告してもらうことにする。

時期は確定していないが、精度管理部長、研究班長とドキュメントサービス担当者と打合せの設定をする。

要綱の締切りの時期を明確に昨年はしていなかった

要綱の締切りは9月末までに、研究班長を中心に研究班で検討、決定していただき精度管理部長へ報告してもらうことにする。

解答用紙の修正を何回も変えた経緯があるため混乱した。

解答用紙は研究班長を中心に研究班で検討、決定していただき精度管理部長へ報告してもらうことにする。締め切りは要綱作製終了時とする。

受付時、施設番号がない。間違っているなどがあり混乱した

確認作業を徹底する。

エクセルの入力シートのフォト8が入力できない。他の解答欄もロックがかかって入力できないトラブル。

一度入力テストを行い不備がある場合はトラストブレーン担当者と修正作業をする。

送ったのにデータがないなど。

確認作業をしっかりする。

 

③7月20日に各施設へ第32回精度管理調査案内を定期発送した。

④8月1日現在、サーベイ申し込み施設数41施設になった。

⑤常用酵素標準物質(Reccs)の購入を芝原班長に一任することになった。

⑥サーベイ申し込みメールの吸い上げ作業について、技師会所有のPCを精度管理事業専用とすることになった。今後引き継ぎはPCごと引き渡しをする。

 

<公益事業部>

平成24年7月8日(日)第30回西播地区研究発表会にて市民公開講座

「健康診断と生活習慣病について」を開催した。(西播地区)

場所:兵庫県太子町 あすかホール 15:00開演

講師:兵庫県健康財団 熊谷仁人 先生 

 

審議事項・決議事項

  

<事務局>

1.来年度からの日臨技と兵臨技の会費徴収方法について(別紙)

  会員への周知:案内を作る。兵臨技のみの会員についての対応についてどうしていくのか?

  兵臨技単独の保険が減るが継続が可能かどうかについて話し合われた。

2.研修センター顕微鏡使用について

  血液・一般・微生物 各研究班の使用前申請するような仕組みが必要

 

<総務部>

 審議事項なし

 

【渉外事業部】

<渉外部>

 審議事項なし

 

【組織活動局】

<組織部>

1.      西播地区の9、10月の行事予定について(事業計画案、予算書)

①             第1回西播地区グループ研修会

②             第2回西播地区グループ研修会

③             第1回西播地区役員会議

2.      東播地区のナイトセミナーについて(事業計画案、予算書)

①  第1回東播地区ナイトセミナー

②  第2回東播地区ナイトセミナー

3.      阪神神戸合同施設責任者・連絡者会議・新人会員研修会・ならびに施設交流会のご案内について(事業計画と予算については承認済み)

※グループ研修会・ナイトセミナーなど名称を統一したほうが良いのでは?

 

<学術部>

  1. 学術特集号の論文、別冊について

   30部程度で予定している。金額と有料にするのかどうかを話し合う。

2. 日臨技生涯教育研修会制度助成金について

  班長にお願いしているが良くわからないと言われる。書類(報告書)もない。

  技師会収入なので申請をお願いする。学術部会を開催して再度説明をする。

  申請の流れが説明された。

3. その他

 

 

<精度管理事業部>

  準備の日の日当について。1時間800円の日当支給。

 

<公益事業部>

1.   乳がん予防啓発事業について

10月13・20・27日 8月11までに連絡あり。

西播地区と共演予定であったが現在なし

   講師、場所などを選定したい(がんセンター乳腺外科か神鋼病院、健康財団等)

2.   HIV、STI予防啓発事業について 12月

候補1)演者:武重香澄 先生(ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社)

    タイトル:女性だから知ってほしい 性感染症は身近な病気

    場所:未定 

    昨年は神戸常盤大学学園祭とジョイントを行った。

栄養士会・看護協会・検査技師会・歯科医師会と共同で2月頃にも何か事業を予定