第2回 理事会議事録




開催日:平成2668日(

時 間:15:0017:00

場 所:兵臨技 研修センター

出席者:中町、真田、松田、井垣、浜上、綿貫、山中、佐藤、竹川、渡辺、鳥居、内川、坂本、

    藤井、渋谷、中島、小西、衣笠、池本、藤原

監事:向井、近藤  

参与:富永

欠席者:なし

現在の理事数 20

理事20名の出席により会議は有効裡に開催された。

議事録署名人の選出:向井監事・近藤監事を選出した。

 

議題

日臨技・近臨技報告

各部局報告

審議事項

 

報告と審議内容

 

【報告事項】

<会長報告>

1.     日臨技関連報告

1)生涯教育推進研修会助成金を従来どおり5万円を最大20研修会とするか研修会2万円及び参加人数×500円の助成金、最大20研修会までのいずれか選択制とする。何れも決算報告書、参加者名簿の提出が必要。

2)平成26年度事業に行われる都道府県研修会、支部研修会等について助成対象研修会は272月実施までとし、事業報告書及び参加者名簿の提出締切を310日とした。

3)次の21都道府県を精度保証認証制度の重点技師会とし、啓発活動を行う。

北海道、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、和歌山県、島根県、山口県、高知県、熊本県、鹿児島県、沖縄県

4)精度保証認定技師制度は日臨技認定機構で日本臨床化学会との共同創設とする。認定は臨床検査技師の免許を持っている者に限る。

5)「臨床検査技師等に関する法律及び医療法の改正骨子」について再度申し入れを行うこと

ついて承認された。

6)組織運営規程の改正:支部内連絡会議構成員に支部学術部門長の追加を承認。支部運営規程 の改正:統一名称として「支部幹事会」の明記を承認

7)支部学術部門員の選考基準を以下のとおり決定した。

@   生涯教育研修制度修了者であること

A   当会もしくは支部学会において筆頭発表の経験があること

B   都道府県技師会での学術経験が5年以上あること

8)日臨技 65回学会運営部会に兵庫から 中町、真田、松田が委員として出席する。

 

<事務局>

1.平成26年度 定時総会議案書のホームページ公開

2.メディカルジャパン2015への後援を受理

3.糖尿病ステップアップセミナー案内状を月定期発送で配布

4.H261回兵庫県合同輸血療法員会に坊池輸血研究班長が代理出席

 

<総務部>

1. 平成26年度定時総会が平成2668日(日)13時から兵臨技研修センターで行われた。  

2.兵臨技スタッフジャンパーが完成しました。

3.会員状況について

 

6/19

1/31

3/3

4/25

6/3

兵臨技+日臨技会員数

1453

1508

1506

1458

1487

兵臨技のみ

501

587

586

472

504

会員数合計

1954

2095

2092

1930

1991

 

 

施設数

会員数

神戸地区

128

797

阪神地区

54

416

丹但地区

16

91

東播地区

53

359

西播地区

45

328

県   外

 

 

合   計

296

1991

 

 

<経理部>

1.   広告状況について 6/5現在(別紙)

2.   予算管理月報について  6/5現在(別紙)

3.   G表について  6/5現在(別紙)

 

<渉外部>

  特になし

 

<組織部>

  特になし

 

<広報部>

1.ホームページに新規および更新掲載した(4.26-6.4)

@ 技師会関係

・平成26年度定時総会議案書

HYOGOニュース・行事予定表(6月号)

・日臨技および兵臨技平成26年度定時総会議決権行使書提出の案内

・第35回丹但地区研修会“市民公開講座”の案内

・生理検査研修会開催について(お詫びおよび訂正)

A 関係団体

・がん診療連携拠点病院における緩和ケアについて

2. HYOGOニュース6月号編集委員会を開催した(5.12)。

 

<学術部>

1. 日臨技生涯教育推進研修会助成金選択について(期限5月31日)

1、最大5万円コースを選択した。

 

<精度管理事業部>

1.平成26年度 日臨技臨床検査データ標準化事業全国代表者会議内容

 @平成25年度事業報告

 A平成26年度事業計画

  基幹病院へ資料発送(事務員へ依頼)

 B認定精度保証検査技師制度について(検討中)

 C標準化事業の統合に向けて(検討中)

  日臨技サーベイの年2回実施(生化学のみ)を検討中

  実施されれば地方技師会での生化学部門の廃止が可能。

  病院機能評価対応可能

2.日臨技提出(5/30まで)(浜上理事、事務員依頼済)

 標準化委員会、精度保証認証委員会のメンバー

 

<公益事業部>

1.511日 看護の日事業報告及び決算報告 別紙資料  

 

 

審議事項・決議事項

<会長>

1.     日臨技精度保証認証制度説明会の開催場所については、神戸地区中心に学術・組織部で収集をかけて開催する方向。

2.     別紙の組織運営規定の改定が了承された。

 

<事務局>

1.事務職員給与改定について(別添資料参照)承認された。

2.事務職員夏季寸志は提案どおり承認された。

3.日臨技認定病理検査技師制度の推薦者は兵庫県で指導的立場になる方を優先的に推薦する。病理研究班長、鳥居理事、真田理事で選考する。

 

<総務部>

  特になし

 

<経理部>

  特になし

 

渉外事業部

<渉外部>

  特になし

 

<組織部>

1.8月2日に阪神神戸地区合同施設責任者・連絡者会議、新入会員研修会、施設交流会を行う。

 

<広報部>

  特になし

 

<学術部>

特になし

 

<精度管理事業部>

1.本年度は兵庫県臨床検査技師会精度管理システムを使用し、日臨技精度管理システムの導入を1年かけて検討する。

 

<公益事業部>

事業予定

近畿学会92021日、兵庫県がん診療連携協議会 検査セミナー 10月か11月予定、検査と健康展(11月・日臨技)兵庫まつり11/8-9HIVSTI予防啓発キャンペーン(12月、1月)